消費者金融を利用する際には計画的に

消費者金融からお金を借りることは、多くの方が気軽に出来るので、ついつい手を出してしまい、気づいてみると雪だるま的に多重債務に陥ってしまう方も少なくありません。
当たり前のことではありますが、返済能力に応じて計画的な利用が必須と言えるでしょう。
普通預金や定期預金の利息が、雀の涙ほどしかつかない割に、こうした期間から融資を受ける際には多くの金利を支払わないといけないことも、頭に入れておく必要があります。
あくまでも借りたお金ですので、自分のお金ではないことを踏まえ早期返済がなんと言ってもお得です。
それでも最近の金利は上限が決められているので、法外な金利を支払う必要はなくなりました。
最高年利18%ですので仮に50万円を借りた場合に、1年で返済しようとすると9万円です。
そうすると月に返済するのは利息だけで7,500円です。
この額なら飲み会1回我慢すれば支払える額ですので、たいていはどなたでも支払えるでしょう。
元金とあわせると概ね5万円程度です。
なんとなく5万円程度ならと思い、安易に次々と融資を利用して、気づいてみたら二進も三進も行かなくなってしまうのです。
ですのでまず消費者金融からお金を借りたら、1つの返済が完済するまでは融資を受けないことです。
返済方法は色々あって繰り上げ返済も可能です。
ですので支払利息を減らすためにも、お金にゆとりがある時は、早めに返済をしてしまうことがオススメです。
消費者金融はとても便利な機関ですので、特徴を踏まえて賢く利用しましょう。
知らなきゃ損するキャッシングのこと